nejiya.jp/nejiya.netショップブログ

このブログはnejiya.jp/nejiya.netサイトの補足用に使っています。

nejiya.jpでは一部ページがスマートフォンや携帯で表示されないため、同一の情報をこちらにも記載してあります。
主に製品情報と技術情報となります。
ブログ記述は不慣れなため若干見にくい場合がありますがご容赦下さい。

あくまでも情報の補足用ですので、御質問や御購入はショップの方へお願いします。(原則としてこちらにコメントがあっても返信しません)
ショップURL http://nejiya.jp/


その他、nejiya.jp/nejiya.netへ御注文、御質問など頂いた方で、主にメールアドレス間違いなどで連絡不能な方への連絡手段として使っています。
当方にメールが戻ったものをピックアップしていますので転送先で拒否されている場合などもこちらに表示される場合がありますが何卒御理解下さい。
プライバシーには十分配慮して掲載しますが、個人情報保護の目的で連絡の可否にかかわらず一定期間が過ぎたら消去いたします。
<< ねじの豆知識(4)ねじの起源  | main | ゴーヤに!スダレに!フックボルトの御紹介! >>
ゴーヤやアサガオなどグリーンカーテンのネット用支柱のDIY製作
0
     グリーンカーテン支柱設置画像
     

    マンションにもOK!

    ベランダへのグリーンカーテン

    設置に!

    ネット用支柱のDIY製作


    節電対策としてかなり有効なグリーンカーテンですが、ベランダではネットが取り付けられないため諦めている方も多いと思います。
    ここではベランダ設置用のフレームを簡単に作る方法を御紹介します。
    必要のない時や退室時は簡単に外せますのでマンションでもOKです。
    かんたんな作業ですから流行りのDIY女子の方も是非挑戦してみて下さい。

    今回の材料は
    ・角材(30X30mm程度、長さは必要に応じて…)
    ・上部、下部の支え板(最小75X75X10mm程度)…ホームセンターの端材コーナーなどで投げ売りしている板やコンパネの端材でOK
    ↑各材料のサイズは設置場所に合わせて適宜変更して下さい。

    ・釘、コースレッド、木ねじなど適宜
    ・爪付ナット
    ・アジャスターボルト

     
     グリーンカーテン支柱製作画像(1)押さえ板の取り付け

    天井側支え板の中央部付近にコースレッドなどで角材を留めます。
    設置時は押しつける方向に力がかかるのでそれほど強度は不要ですが回らない程度に今回は2カ所留めておきました。

     
    グリーンカーテン支柱DIY画像(2)爪付ナットの打ち込み

    床側(手すり側)は高さ調整用(アジャスト)ボルト設置のため爪付きナットを取り付けます。

    今回はM8設置なのでφ9.5〜10の下穴を4カ所あけ、爪付きナットをハンマーで叩いて打ち込みます。
     
    グリーンカーテン支柱DIY画像(3)調整板の取り付け

    爪付きナットの中央付近に角材を留めます。
     
     グリーンカーテン支柱DIY画像(4)調整ボルトの仮付け

    爪付きナットにアジャスターを仮止めして爪付きナットの傾きを確認します。
    傾きがある場合は角材との接合部に負荷がかからないように当て木などをして叩いて調整します。

     
     グリーンカーテン支柱DIY画像(5)現場仮付け

    仮止めして各部確認します。
     
     グリーンカーテン支柱DIY画像(6)中間ねじ取り付け

    お好みですが…住宅のイメージに合わせて色(ニス)を塗ると耐久性も上がってイイです。
    支柱の数カ所にネットを引っかけるためにネジを留めておきます。

     
     グリーンカーテン支柱DIY画像(7)防振ゴム取り付け

    防音と滑り止めのため天井側にゴム板を張り付けます。
     
     グリーンカーテン支柱DIY画像(8)現場設置

    手すり側にもゴム板を敷いてアジャスターで高さ合わせして設置します。
    上部からプラスドライバーで調整できるので便利です。

    あとはカーテンとなる植物の成長を待つだけです。
    ちなみに今回はゴーヤとパッションフルーツにがんばってもらいます。

     

    角材の長さの出し方

    アジャスターの調整幅が約40mmあります。

    設置部寸法1500mm、支え板10mm、滑り止めゴム1mmの場合…
    アジャスターお皿部分が4mmなので
    1500-(10X2+1X2+4)=1474mm

    アジャスターの調整幅40mmですので理論値では1434〜1474ならOKですが、1450程度
    …つまり上記条件なら設置部寸法マイナス50mm程度で良いと思います。

    ※御注意※
    ベランダなど高所に設置される際は、作業時、設置後とも万一の落下に備えた防止策を講じて下さい。
    (作業時の工具等の落下に対してもヒモを結ぶなど対策を講じて下さい)


     
    | | 製品紹介 | 11:25 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 11:25 | - | - |









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE