nejiya.jp/nejiya.netショップブログ

このブログはnejiya.jp/nejiya.netサイトの補足用に使っています。

nejiya.jpでは一部ページがスマートフォンや携帯で表示されないため、同一の情報をこちらにも記載してあります。
主に製品情報と技術情報となります。
ブログ記述は不慣れなため若干見にくい場合がありますがご容赦下さい。

あくまでも情報の補足用ですので、御質問や御購入はショップの方へお願いします。(原則としてこちらにコメントがあっても返信しません)
ショップURL http://nejiya.jp/


その他、nejiya.jp/nejiya.netへ御注文、御質問など頂いた方で、主にメールアドレス間違いなどで連絡不能な方への連絡手段として使っています。
当方にメールが戻ったものをピックアップしていますので転送先で拒否されている場合などもこちらに表示される場合がありますが何卒御理解下さい。
プライバシーには十分配慮して掲載しますが、個人情報保護の目的で連絡の可否にかかわらず一定期間が過ぎたら消去いたします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    リコイルの偽物情報
    0

      年の瀬にあまり良い話ではないのですが…申し訳ありません。

       

      以前以下の記事で御紹介しました通り、リコイルの偽物が日本国内でも相当数出回ってしまっている模様です。

      http://nejiyablog.jugem.jp/?eid=50​

       

      例えば自己責任に於いて価格の安い近似製品を試してみる…というのならまだ仕方がないと言うか自業自得と思えるかもしれませんが、大事なお品をリペアするからこそわざわざ信頼性の高い「リコイル」を指定して購入したのに偽物を掴まされて症状がより悪化してしまう…といった不幸なケースもあるようなので、リコイル商品は「リコイルジャパン」の正規代理店でお求め下さい。

      当社に情報・相談が寄せられた型番は下記の通りです。

      (あくまでも当方に寄せられた情報をまとめたものであり、真贋について確定出来ていない物、グレー/未確認品を含みます。)

      以前の記事を記載した頃は「トレードキット」しか情報がありませんでしたが、最近はパイロットタップ付きの「スパークプラグ用キット」に関しても情報を寄せられています。

      また購入ルートに関しても以前の記事で指摘したサイト以外からの購入品も含まれておりました。

       

      トラブル内容としては

      「スパークプラグ用なのに通常のタップがついてきた」

      「指定サイズと異なるドリルが入っていた」

      「タップが折れた」

      「タップサイズとインサートのサイズが合っていない」

      など…様々です。

       

      ・スパークプラグ用キット M14 P=1.25(型番 38147)

      ・スパークプラグ用キット M18 P=1.5(型番 38188)

      ・スパークプラグ用キット M10 P=1.0(型番 38108-2)

      ・トレードキット M18 P=1.5(型番  38188-1)

      ・トレードキット M12 P=1.5(型番 37128)

      ・トレードキット M12 P=1.25(型番 38128)

      ・トレードキット M10 P=1.00(型番 38108)

      ・トレードキット M10 P=1.25(型番 37108)

      ・トレードキット   M8 P=1.25(型番 35088)

      ・トレードキット M6 P=1.00(型番 35068)

      ・トレードキット M5P=0.8(型番 35058)

      ・トレードキット UNC#10-24(型番  33608)

      ・トレードキット UNC#8-32(型番  33588)

      ・トレードキット UNC1/4-20(型番  33048)

       

       

      JUGEMテーマ:DIY&工具

       

      | nejico | 製品紹介 | 13:54 | - | - |
      デッドスペースを生かして収納(ドア裏編)
      0

        室内のドア裏って結構なデッドスペースになってたりしますよね。
        特にうちの場合このドアに関しては、ほぼ開けっ放しで掃除の時にたまに動かす程度です。

         

        ドア裏の干渉しない場所にこんな風にわんこフックなど付けておきますとコートフックや帽子掛けに使えたりします。

         

        わが家の場合、わんこフックの丈夫さを生かして折りたたみイスの収納場所にしてあります。
        ドアの形状などにもよりますが、うちの場合この掛け方だとドアと干渉せず、開いた時は一番上の写真の通りイスが全く見えなくなります。

         

        ※室内壁にフック類やタオルハンガーなどを付ける場合は、壁の中にある梁を調べて梁に木ねじ等を打ち込むと強力に固定されます。どうしても梁がわからない場合はプラグなどを併用する事で補強が可能です。(基本的には梁への打ち込みをオススメします)

         

        JUGEMテーマ:DIY&工具

        | nejico | 製品紹介 | 15:52 | - | - |
        裏からナット止め出来ないときに…ウエルナットの使い方
        0
          片側作業でタップ不要!
          ウエルナットの使い方 
          DIY,棚,鉄板,ねじ,テーブル
           片側作業,壁DIY,ねじ,取付
           1.鉄板などに規定サイズの下穴をあけてウエルナットを挿入します。
          (今回は裏側の様子も見やすくするためにワッシャーに使っていますが、穴を空けた鉄板だと仮定して下さい)
           
          ナット,裏側,ブラインドナット,リベット,DIY
          2.そのままネジを締め込んでいきます。 
          DIY,リフォーム,知恵,ネジ,アンカー
           3.締め込み作業中の様子。
          ウエルナットの先端はナットになっており、締め込む事でこのナットが引き込まれて中央付近のゴムが外に拡がります。
           取り付けネジ,抜ける,回せない,DIY,コツ
           4.ゴムが拡がり固定された様子です。

          JUGEMテーマ:DIY&工具

          | nejico | 製品紹介 | 13:24 | - | - |
          リコイルの偽物が出回っておりますのでご注意下さい
          0

            ここ最近リコイルトレードキットに関し並行輸入品と思われる商品が大手通販会社(A社)で販売されております。

            おそらくA社は何も知らず並行輸入したものと思われますが、数多くの偽物が含まれている模様です。

             

            当社に2016年6月頃から「タップを立てている途中で折れた」「全く違うサイズのドリルが入っている」など、正規のリコイル製品では考えられないようなトラブル相談が急増したため、購入元を確認したところ全て同一の大手通販会社(A社)で購入されたものと判明しております。

            紛らわしい事に当社も同通販会社の販売網を使い販売している関係で、トラブルのあったユーザー様が間違えて当社に相談して来たため判明したのですが、おそらく当社が把握出来ていないトラブルも数多く発生しているものと考えられます。

             

            海外ではリコイル製品のコピー品が非常に多く出回っています。

            並行輸入品につきましては商品の真贋に関わらず日本国内でのサポートは一切受けられませんのでご注意下さい。

             

            編者もネットショッピングのヘビーユーザーであり、当然前述の大手通販会社で購入する際の、ポイント・スピード、その他のメリットは十分承知しており、だからこそ当社も出品しております。(当社(A社での販売者屋号はnejiya.net)がA社倉庫に納品している商品には当社の販売品である事を示すシールが貼られています)

            しかしながら現在の状況を考えますと偽物を掴まされて後悔しないためには、なるべく当社直販のサイトnejiya.jpでのご購入をおすすめします→nejiya.jp

             

            リコイル偽物に注意!なんとA●azonプライムなのに偽物!?

             

            AMA●ONプライムでリコイルを購入する際は注意!ア■ゾン独自輸入の並行輸入品に粗悪な偽物が混じっています!

             

            全体的な被害状況がまとまり次第、関係各社と打ち合わせの上、法的措置を行う予定です。

             

             

            JUGEMテーマ:DIY&工具

            | nejico | 製品紹介 | 11:43 | - | - |
            ウッドシールド(W3/8ツバ付き)の施工方法(とりあえず出来た…というレベル)
            0
              お客様より「ウイット3/8インチの鬼目ナットが欲しい」というリクエストがありました。
              しかしながら鬼目ナット(ムラコシ精工製)にはインチサイズがラインアップされておらず、使えそうな物を探すと「ウッドシールド」にW3/8X20というサイズがありました。
              ウッドシールド↓
              木工用インサートねじウッドシールドW3/8

              しかしながら施工方法についての説明が見当たらず…サイズ表さえもない状態。
              おそらく外形はM10用と同じだと予測できますが…
              とりあえず現物で計測してみたところ予想通りM10と同じでした。



              施工方法ですが…鬼目ナットなんかですと上部が六角穴になっていてレンチで回す方式だったり、たたき込んだりするのですが、この商品はそのどちらでもありません。
              ツバの2ヶ所に切り込みがあるのでその部分を使って引っかけたりするのかと思い挿入方法を確認しましたが、以下のようなマンガ図が送られてきました。

              赤丸部分が一番大事で、そういった専用工具があるのかどうかを確認しましたが
              「一般的な3/8軸ドリルを使って下さい」
              という的外れな回答が来るだけで、どうやら専用工具は無いような感じです。
              (本当はあるのかもしれませんが、セットで輸入していない…などの理由かもしれません)

              しかしまぁ…人に教えようとするなら下穴サイズぐらい書いた方が親切な気もしますが…
              (現物計測でM10と同じサイズのようなので、下穴サイズは多分φ13になると思います。)

              このような回答が来た段階で「メーカーに説明を求めても無駄だな…」と判断してしまいました。。
              まぁ当方側の理解力不足なのかもしれませんが…


              考えつく方法としては、少々面倒です六角ボルトと止め用のナットを使って挿入し、挿入後にボルト頭を押さえたままナットを緩め、次にボルトを緩める…という方法なら供回りせずに挿入出来ると予測して試してみました。

              2X4 SPF材の端切れを使っての施工です。 試験用のため処理の雑さはお見逃しを…
              ・下穴はφ12で空けました(深さ約25mm)
               ※今回は手持ちで近いサイズがφ12しか無かったためφ12で代用しましたが、前述の通りおそらく推奨値はφ13です。
               今回は大丈夫でしたが、木材の種類によってはφ12では割れる可能性があります。

              ・W3/8X38Lボルトの途中にW3/8ナットをセットして、その先にウッドシールドをセットします。
              (ダブルナットの作用で供回りを防止しています)


              ボルトにセットしたウッドシールドを下穴にあてがって、ボルトが傾かないよう注意しながら直下に押し込みつつナット部分を回していきます。


              ウッドシールドが面一になるまで締め込みます。


              供回りを防止するため、ボルトの頭(上側)を押さえつつ、ナット部分(下側)を緩めます。


              ナットが緩んだらウッドシールドとは供回りしませんので、ボルトを緩めて抜き取り、作業完了です。


              ※理論的には逆の方法で抜き取れる感じですが…出来ませんでした。
              …なのでこの方法は基本一発勝負と考えて下さい。

              ★表題の通りこの方法は「とりあえず出来た」というレベルのもので、もっと効率の良い方法があると思います。
              あくまでも施工方法の一例と考えて下さい。

              ウッドシールド販売ページ→http://nejiya.jp/?pid=100665837

              木工ねじ販売ページ→http://nejiya.jp/?mode=cate&cbid=503176&csid=0



              JUGEMテーマ:DIY&工具
              | nejico | 製品紹介 | 14:00 | comments(0) | - |
              鬼目ナット他を使った木工。吊り戸棚の制作!
              0
                JUGEMテーマ:DIY&工具
                キッチン収納のコツ!端材で簡単な棚作り! 
                改装前…「雑然」のひと言ですね。。棚を作って「やや雑然」ぐらいを目指します。。

                 半日木工DIYで行うリフォーム!図面の作成

                緻密な設計図を書いてみました 笑


                キッチンDIYリフォーム!木材切り出し!
                以前リフォームした時のちょうどいい端材があったので設計図をやや無視して切り出します。
                 


                キッチンリフォーム棚作りコーナー処理
                コーナー部分は安全性の面から丸めます。
                コーナーが丸いと割と素人っぽさが誤魔化せます(^^)
                まずはノコで斜めにカットしておきます。


                木製棚作りDIY、コーナー仕上げ方法詳細

                あとは木工やすりで丸みをつけるように仕上げます。


                棚制作、吊り用ボルトの準備
                吊り用のボルトを用意します。

                今回は吊り上の空間が150〜200mm程度欲しかったので取り付け部の鬼目ナット飲み込み約15mm、板厚約20mm、ナットの押さえしろ約8mmなので、200+15+20+8= 243mm程度必要だったのでM10X1mの全ネジを約4等分にカットしました。

                カットが面倒な場合は定尺品として売られているM10X285寸切りボルトX4本なんかでもイイかもしれません。

                また、私の場合高さ調整できるようにしたかったので全ネジを使いましたが、調整不要ならいわゆる中ボルトでも良いかもしれません。
                 


                キッチン吊り棚制作、吊り穴加工、下穴

                ボルトがM10なのでφ11以上の穴あけが必要ですが、いきなりやると芯出しが難しいのでまずはφ5の下穴からφ9→φ12まで拡げました。(たまたまφ12のドリルしか無かったので…通常はφ11で良いと思います)


                キッチンリフォーム、吊り型調整棚のDIY手順、ねじ穴を作る。

                φ12の穴にM10ボルトを通すとこんな感じです。
                 


                木工DIY、棚板の切断面処理

                切断面は「ファンシーロール」という木目テープで化粧します。
                このファンシーロールは「木目テープ」でなくホントの薄い木で出来たテープなので「木目調」等と違って仕上がりが抜群です。

                残念ながらamazonなどの気軽に買える通販では入手できません。
                私の場合知り合いの大工さんに譲ってもらいました。

                販売元で直接買えるようですが、いろいろタイプがあるので必要な方は直接お問い合わせ下さい。
                販売元:ニチモクファンシーマテリアル http://www.nf-m.co.jp/
                (許可取ってないのでリンクしてません。コピペでお願いします。)

                追記
                ニチモクさんの通販サイト出来たようです→http://shop.nf-m.co.jp/
                (許可取ってないのでリンクしてません。コピペでお願いします。)


                キッチンリフォームDIY!切断面木目部分の玄人処理!

                芸術的なピンボケですが…(^^;)木目テープのはみ出し部分はカッターで処理します。
                この後ニスを塗って棚板は完成です。

                今回は既存キッチンに合わせて透明ニスを塗りました。


                キッチンリフォーム棚制作のコツ、取り付け部のネジ加工

                ニスを乾かす間に吊り用ネジの受けとなる鬼目ナットを装着します。
                鬼目ナットを入れるための穴を既存キッチンの吊り棚下部に作ります。
                棚板同様芯出ししやすくするため細いドリルから拡げていきます。
                突き抜けないように写真のように目印にテープを貼っておくと良いです。

                今回は鬼目ナットDタイプM10X13を使用するためφ13の下穴が必要ですが、ドリルがφ12しか無かったのでφ12であけてみましたが、きついもののちゃんと装着出来ました。(このあたりは木の性質や環境などにもよるので自己責任でお願いします。)
                 


                自分でDIY!キッチン棚リフォーム、鬼目ナット装着

                鬼目ナットを挿入するとこんな感じになります。
                (奥は装着前)
                 


                キッチンリフォームDIYの裏技

                ちょっと裏技ですが…鬼目ナットのM10系はレンチ平径10mmです。
                10mmのレンチって持ってない人も多いと思うんですよね…nejiya.jpで売っていながらですが…(^^;)
                また、作業性の悪いところだとラチェット式が便利だったりして。
                そんな時、鬼目ナットなんかはあまりトルクもかからないのでM6の高ナット+ラチェットで代用できます。
                今回はM6X25の高ナットを使ってみました。
                尚、これはあくまで鬼目ナット用の裏技です。キャップボルトとかはトルクが大きいので必ず規定のレンチを使って下さい。


                鬼目ナットで木工DIY!こんな裏技も!!

                上向きなのでラチェットの方が楽です。
                 


                半日で出来る!キッチンのDIYリフォーム!吊り棚増設!

                鬼目ナットにカットしたネジを装着します。
                 


                奥様が惚れ直す!?はじめてのDIYに!キッチン吊り棚増設!

                棚板を付けて下からナットで高さ調整してほぼ完成。
                この後、ねじの先端で引っかけると危ないので袋ナットで保護しました。
                 


                素人でも半日でできるキッチンリフォームDIYのコツ大公開!!

                荷物を戻したところです。
                当初の目標通り「雑然」→「やや雑然」ぐらいですね(^^;)

                | | 製品紹介 | 00:27 | comments(0) | - |
                数量限定!ステンレス六角ボルト特価販売中!!
                0
                  ステンレス六角ボルト特価販売
                  ステンレス(SUS304系)六角ボルト・ナット・平座金
                  数量限定で特価セール中!


                  主にJIS5K/JIS10K/JIS20K他、配管フランジ用サイズです。

                  輸入品です。円安傾向のためもうこの値段では入りません。
                  在庫分のみ特価処分!!


                  大口需要は商品下段の「この商品について問い合わせる」ボタンよりお問い合わせ下さい。

                  商品ページ→Click
                  | | 製品紹介 | 11:38 | comments(0) | - |
                  M42アイボルト&シャックル参考
                  0
                    弊社販売のマスターロック製チタン合金被覆付チェーン&ボロン合金ロックM42アイボルト&強力長シャックル(25X250)に通した時のイメージを載せておきますので参考にして下さい。

                    盗難防止用チェーン&埋め込みアンカー
                    | | 製品紹介 | 10:59 | comments(0) | - |
                    ゴーヤに!スダレに!フックボルトの御紹介!
                    0
                       

                      節電対策!

                      緑のカーテン&スダレの設置に!

                      フックボルトの設置方法



                      緑のカーテンの育成に!フックボルト!
                      1本にナットが2個付属します

                       

                      ゴーヤ用ネットの設置にフックボルト!

                      天板ベニアに穴開けします。

                      (3ミリベニアの場合でφ6.5〜7.5程度)

                       
                      アサガオで日陰作り

                      フックボルトにヒモなどを付け、ナットを装着してからフック部(ネジの無い側)を開けた穴に挿入します。
                       
                      ベランダにスダレ設置で省エネ!

                      曲げ部分は入りにくいですが、コレが抜けにくいキモです。天井内に押し込むように挿入します。但し、あまり堅い場合は厚みに対し下穴が小さい可能性がありますので再調整して下さい。
                       
                      窓にスダレ!節電効果抜群!

                      ナットはヒモの抜け止めです。任意の位置で固定して下さい。
                      あとは緑のカーテン用のネットを掛けたり、スダレを吊したり…

                       


                      設置例…涼しげです(^^;)
                       


                      サイズはネジ径W1/4インチ(約6mm)、曲げの内側から先端まで約90mmです。
                       
                      ※御注意※
                      ・設置できる荷重はほとんど設置場所の建材強度により決まります。
                      薄板への設置ですので重量物を吊るような使用法は行わないで下さい。
                      ・天板内に配線などが通っている場合がありますので、配線を破損する恐れのある場合は設置しないで下さい。
                      ・設置の可否が不明な場合は必ず建築業者に確認して下さい。
                      ・万一外れた場合に設置物が外部へ落下しないよう、補助ワイヤーなどで安全対策を行って下さい。
                      ・強風の際は設置物を外して下さい。設置部や設置物を破損する恐れがあります。


                      販売ページ→Click
                      http://nejiya.jp/?pid=32806955



                       
                      | | 製品紹介 | 11:31 | comments(0) | - |
                      ゴーヤやアサガオなどグリーンカーテンのネット用支柱のDIY製作
                      0
                         グリーンカーテン支柱設置画像
                         

                        マンションにもOK!

                        ベランダへのグリーンカーテン

                        設置に!

                        ネット用支柱のDIY製作


                        節電対策としてかなり有効なグリーンカーテンですが、ベランダではネットが取り付けられないため諦めている方も多いと思います。
                        ここではベランダ設置用のフレームを簡単に作る方法を御紹介します。
                        必要のない時や退室時は簡単に外せますのでマンションでもOKです。
                        かんたんな作業ですから流行りのDIY女子の方も是非挑戦してみて下さい。

                        今回の材料は
                        ・角材(30X30mm程度、長さは必要に応じて…)
                        ・上部、下部の支え板(最小75X75X10mm程度)…ホームセンターの端材コーナーなどで投げ売りしている板やコンパネの端材でOK
                        ↑各材料のサイズは設置場所に合わせて適宜変更して下さい。

                        ・釘、コースレッド、木ねじなど適宜
                        ・爪付ナット
                        ・アジャスターボルト

                         
                         グリーンカーテン支柱製作画像(1)押さえ板の取り付け

                        天井側支え板の中央部付近にコースレッドなどで角材を留めます。
                        設置時は押しつける方向に力がかかるのでそれほど強度は不要ですが回らない程度に今回は2カ所留めておきました。

                         
                        グリーンカーテン支柱DIY画像(2)爪付ナットの打ち込み

                        床側(手すり側)は高さ調整用(アジャスト)ボルト設置のため爪付きナットを取り付けます。

                        今回はM8設置なのでφ9.5〜10の下穴を4カ所あけ、爪付きナットをハンマーで叩いて打ち込みます。
                         
                        グリーンカーテン支柱DIY画像(3)調整板の取り付け

                        爪付きナットの中央付近に角材を留めます。
                         
                         グリーンカーテン支柱DIY画像(4)調整ボルトの仮付け

                        爪付きナットにアジャスターを仮止めして爪付きナットの傾きを確認します。
                        傾きがある場合は角材との接合部に負荷がかからないように当て木などをして叩いて調整します。

                         
                         グリーンカーテン支柱DIY画像(5)現場仮付け

                        仮止めして各部確認します。
                         
                         グリーンカーテン支柱DIY画像(6)中間ねじ取り付け

                        お好みですが…住宅のイメージに合わせて色(ニス)を塗ると耐久性も上がってイイです。
                        支柱の数カ所にネットを引っかけるためにネジを留めておきます。

                         
                         グリーンカーテン支柱DIY画像(7)防振ゴム取り付け

                        防音と滑り止めのため天井側にゴム板を張り付けます。
                         
                         グリーンカーテン支柱DIY画像(8)現場設置

                        手すり側にもゴム板を敷いてアジャスターで高さ合わせして設置します。
                        上部からプラスドライバーで調整できるので便利です。

                        あとはカーテンとなる植物の成長を待つだけです。
                        ちなみに今回はゴーヤとパッションフルーツにがんばってもらいます。

                         

                        角材の長さの出し方

                        アジャスターの調整幅が約40mmあります。

                        設置部寸法1500mm、支え板10mm、滑り止めゴム1mmの場合…
                        アジャスターお皿部分が4mmなので
                        1500-(10X2+1X2+4)=1474mm

                        アジャスターの調整幅40mmですので理論値では1434〜1474ならOKですが、1450程度
                        …つまり上記条件なら設置部寸法マイナス50mm程度で良いと思います。

                        ※御注意※
                        ベランダなど高所に設置される際は、作業時、設置後とも万一の落下に備えた防止策を講じて下さい。
                        (作業時の工具等の落下に対してもヒモを結ぶなど対策を講じて下さい)


                         
                        | | 製品紹介 | 11:25 | comments(0) | - |
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        282930    
                        << April 2019 >>
                        + PR
                        + RECOMMEND
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE