nejiya.jp/nejiya.netショップブログ

このブログはnejiya.jp/nejiya.netサイトの補足用に使っています。

nejiya.jpでは一部ページがスマートフォンや携帯で表示されないため、同一の情報をこちらにも記載してあります。
主に製品情報と技術情報となります。
ブログ記述は不慣れなため若干見にくい場合がありますがご容赦下さい。

あくまでも情報の補足用ですので、御質問や御購入はショップの方へお願いします。(原則としてこちらにコメントがあっても返信しません)
ショップURL http://nejiya.jp/


その他、nejiya.jp/nejiya.netへ御注文、御質問など頂いた方で、主にメールアドレス間違いなどで連絡不能な方への連絡手段として使っています。
当方にメールが戻ったものをピックアップしていますので転送先で拒否されている場合などもこちらに表示される場合がありますが何卒御理解下さい。
プライバシーには十分配慮して掲載しますが、個人情報保護の目的で連絡の可否にかかわらず一定期間が過ぎたら消去いたします。
◆送料体系刷新お知らせ(予告)
0

    日頃はnejiya.jpをご愛顧いただきありがとうございます。


    各方面報道にある通り、2017年秋頃より各運送会社が相次いで値上げを行い、当社としては運送会社との交渉だけでなく、配送方法の工夫や経費削減などで極力送料を維持すべく努力してまいりましたが、2018年10月からの改訂ではメインの運送会社の配送基本料が現状の2倍近くになるなど、一部商品については大幅な値上げを余儀なくされる見込みです。


    当社の対策として従量課金体制を細分化し、軽量商品に付いてはなるべく従来価格を維持出来るよう送料体系を刷新いたします。
    つきましては重量商品ご検討中の商品のあるお客様はなるべく9月25日頃までに手配いただきますようご検討願います。
    尚、今後につきましても「特別便」などご負担の少ない配送方法を提案していきますので併せてご検討下さい。

     

     

    JUGEMテーマ:ネットショップ

    | nejico | ショップ情報 | 09:54 | - | - |
    ボルダリング用ホールドの取り付けネジが合わないという御相談…
    0

      先日、当社のサイト(nejiya.jp)をご覧いただいた方から下記のような相談がありました。

      「*****というメーカーのクライミングホールドに付属のボルトを取り付けるため爪付ナットを探していたところ、
      こちらのページに辿り着きました。

      この*****のクライミングホールドに付属のボルトですが、爪つきナットがM10であっても途中でボルトが止まってしまい
      (時計回りに回転しなくなる)、ボルトの先が壁の内側に抜け切らないことがあります。
      御社で販売のこちらの品は対応しているでしょうか?」

      (ショップ名(*****)以外は原文のまま)

       

      状況から考えておそらくM10のナット(爪付ナット)にW3/8のボルトを入れている状態であると推測し、以下のように回答申し上げました。

       

      「ご質問の件ですが、現物を見ないと正確な事はわからないのであくまでも経験的な推測ですが、現象から考えるとおそらくM10P=1.5のナットに規格違い(インチネジ)であるW3/8インチのボルトを入れている状態だと思います。
      当方でもM10P=1.5の爪付きナットにW3/8のボルトを入れて実験してみたところ、ちょうど爪付きナットから突き出るかどうかのところで動かなくなりました。
      この推測が正しければボルトをM10P=1.5に変更するか、爪付きナットをW3/8に変更する事で解決すると思いますが、あくまで推測と言う事でご理解下さいませ。」

       

      結果として、W3/8の爪付きナットを御購入いただいて解決出来ました。

       

       

      このように、ネジの規格が違う場合でも途中まで入ってしまう場合がありますが、止まった所で外す事も出来なくなってしまう場合があります。

      特に今回のようにM10とW3/8ですと途中まで入ってしまうので厄介です。(通常の六角ナットだと通ってしまいますが、爪付きナットはナット部が長いので写真のように途中で止まります。)

       

       

       

      今回はショップさんが組み合わせを間違えて販売されているようなので、お客様側は疑う余地もない状態だったと思いますが、ボルダリングホールドなどの場合は事故に直結しますので無理に使わず御相談いただいて良かった例です。

       

      JUGEMテーマ:DIY&工具

      | nejico | 技術情報 | 17:43 | - | - |
      デッドスペースを生かして収納(キッチン編 2)
      0

        今回もキッチン収納の進化です。

        材料は100円ショップで入手した木製すのこです。

         

        不要な部分を切ってしまいます。

         

        今回使うのはこれだけです。

         

        手が当たっても怪我しないように面取りしておきます。

         

        取り付け穴をあけます。

        今回はぶらさげる感じにするためネジ径4ミリに対してφ4.2で通し穴をあけました。

        ちなみに、このようにネジが引っかからない状態の穴を「バカ穴」と言います。

        私の場合たまたま手元にあった4.2x75A皿タッピングを使いましたが、100円ショップの木材は脆いので、出来ればもう少し細い方が作業しやすく、より強度も保てると思いますのでスレンダービスがオススメです。

        スレンダービス3.7x75利用の場合は3.7〜4.0ぐらいのバカ穴で良いと思います。

         

        今回M4タッピングを使ったのでφ8ドリルの先端を使い皿もみしました。

        こうする事で横から見た時にフラットになるので見栄えが良くなります。

         

        既存棚はこんな感じです。

         

        棚を新設してよく使うラップ類を収納しました。

         

         

        JUGEMテーマ:DIY&工具

        | nejico | お得な情報 | 17:21 | - | - |
        デッドスペースを生かして収納(ドア裏編)
        0

          室内のドア裏って結構なデッドスペースになってたりしますよね。
          特にうちの場合このドアに関しては、ほぼ開けっ放しで掃除の時にたまに動かす程度です。

           

          ドア裏の干渉しない場所にこんな風にわんこフックなど付けておきますとコートフックや帽子掛けに使えたりします。

           

          わが家の場合、わんこフックの丈夫さを生かして折りたたみイスの収納場所にしてあります。
          ドアの形状などにもよりますが、うちの場合この掛け方だとドアと干渉せず、開いた時は一番上の写真の通りイスが全く見えなくなります。

           

          ※室内壁にフック類やタオルハンガーなどを付ける場合は、壁の中にある梁を調べて梁に木ねじ等を打ち込むと強力に固定されます。どうしても梁がわからない場合はプラグなどを併用する事で補強が可能です。(基本的には梁への打ち込みをオススメします)

           

          JUGEMテーマ:DIY&工具

          | nejico | 製品紹介 | 15:52 | - | - |
          デッドスペースを生かして収納(キッチン編)
          0

             

             

             

            今まではこんな感じでペーパータオルを置いていました。

            まぁフツーといえばフツーですね。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            この棚の中に収納スペースを作ります。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


             

             

            ホルダーにペーパータオルをセットしてみて開閉しても干渉しない位置を印を入れてビス打ちします。
            落書きみたいになっていますが…^^;


            今回はとりあえず留まればOKレベルなのでコースレッド3.8X25を使いました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            100円ショップで買ってきたホルダーをセットします。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ホルダーにメーパータオルをセットするとこんな感じ。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            下から撮った写真なので干渉しているように見えますが、現在置いてあるグラス類と可動棚の取っ手の間に入れるための高さにしてあります。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ペーパータオルの端を少し出しておくと扉を開かなくてもペーパータオルを取り出せて便利です。

             

             

            | nejico | お得な情報 | 17:52 | - | - |
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>
            + PR
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE